フットペダについて

| 未分類 |

犬12カーインテリアの中で、案外見落としがちなのがフットペダルです。運転席に座ってドライバーがクルマと直接触れるのは、シート、ステアリング、各種スイッチ、シフトレバー、そしてペダル類となります。MT車であればアクセル、ブレーキ、クラッチ、AT車であれば、アクセルとペダルとなります。これらに加えてフットレストもあります。


よく見ると純正のペダルにはプラスチック・ゴム製の薄いカバーが取りつけられているだけです。普段使いであればこれだけでも構わないかもしれませんが、ハンドルやシフトノブなどをドレスアップしているのにペダルは純正のペラペラなゴムでは折角のドレスアップも台無しです。それにスポーツ走行をする場合にはペダルワークも激しくなり、ペダルを踏んでいる足が滑りでもしたらトラブルのもとになりかねません。またレースカーなどではペダルはアルミ製の穴の開いたものが用いられ、確実なペダルワークができるよう工夫されています。さすがにペダル本体を交換することは難しいのですが、カー用品店に行くと、スポーティなデザインのペダルカバーのキットが販売されています。それほど高価なものではありませんから、ぜひ装着されることをおすすめします。運転席の足元周りが非常に引き締まって印象がアップします。